Friday, April 12, 2013

Tax refund 2011 and 2012

さて、4/15はTax Refundの締切日です。Refundがある場合もまた支払いがある場合もちゃんと手続きしないと後で面倒なことになります。

毎年の出来事ですが、私の場合には2011年に就職している(Visaのカテゴリが年の途中で変わる)ので、2011年分の申請は少し特殊でした。参考までに記述しておきます。
私の場合、2011年9月までがF Visa、2011年10月以降がH1B Visaです。
税金を考える場合、Resident Alien かどうかが一つのキーになります。これは、税金の申告のためだけの区分で、Green Cardかどうかという区分ではありません。Substantial Presence Test で判別されます。

Resident Alienかどうかの違いは税率、控除の額です。Non Residentの場合はSingle、もしくはHouseholdのカテゴリのみで申告可能ですが、Residentの場合にはMarried Filing Jointly(もちろん結婚している場合ですが)のカテゴリで申請が可能です。non Residentの場合にはMedicareやSSNのTaxの支払いが不要なのですが、税率で数%Residentより高く、家族合わせた控除額で数千ドル以上Residentより低くなります。うちの場合には、Refundで相当変わりそうなので、出来れば最初から入社初年度より全てResidentで扱って欲しいというのが私の希望でした。
そのためにはSubstantial Presence Testに通ることが必要(以下は2011年分のtaxを2012年に申請する場合について書きます)。2012年に31日以上アメリカに滞在していることかつ、2009,2010,2011の3年間で183日以上アメリカに滞在していること(数え方は以下の通り)が必要です。

数え方:[2011年の滞在日数] + [2010年の滞在日数の3分の1] + [2009年の滞在日数の6分の1]
軽くクリアだと思いましたが、F Visaの学生は別ルール、滞在5年未満はNon Resident Alien、それ以降はResident Alien。なので、私の場合2010年までと2011年9月までの滞在日数はゼロとカウントされ、Substantial Presence Testにパスすることは出来ませんでした。

それでもまだ道はありました。方法は、以下の通りです。
1. First-Year ChoiceでH1Bをもらった時以降、Residentとして扱ってもらう(参考)。
これは2011年TaxのSubstantial Presence Testに満たない人でも2012年TaxのSubstantial Presence Testを満たす人はH1Bをもらった日付以降をResidentとして扱ってもら得るものです。2011年Tax Refund 申請時に2012年のSubstantial Presence Testを既に満たしているということです。例えば、2011年のTax RefundをExtensionを申請して遅く申告し、2012年の滞在日数だけでTestをパスしてしまうなどの場合です。そうすることで、H1Bをとったその日からResidentになることができます。でも、それでもまだ不十分。一年通してResidentしかも、家族でMarried Filing Jointlyで申請するにはもうひと踏ん張り必要です。
2. Choosing Resident Alien Statusにより、年末に夫婦ともResidentとなっている場合には、その年全体をResident AlienでMarried Filing Jointlyで申告できるようにするものです。
上記2つを認めてもらうには、必要事項と署名を記入したStatement(Formはないので、自作が必要)を作成し、Tax Refundと一緒に郵送します。この手の特殊ケースではオンライン不可です。

税率などが違ってくるので、上記のような特別ルールが有るのでしょう。独身ならこのようなことをする必要は全くないというか、むしろNon ResidentだとMedicareやSSNのTaxを払わなくていいので、Residentになると不利になります。家族がいる場合には大きく有利になるので、この処理は必須です。

実際にResidentとしてMarried Jointlyで申告するためには、家族全員のSSNもしくはITINが必要となります。ITINはTax Refundと一緒でなくては申請できないので、上記手続きとITINを取得するW7の提出が同時になります。W7を提出する際には、Tax Refundを直接IRSに提出せず、W7とTax Refundの書類を一緒にITINの担当部署に提出します。その担当部署がTax Refundの書類にITINを記入してくれ、IRSに提出してくれます。ITINを取得できると郵送で通知が来るので、その番号をState Taxの書類に記載してState Taxの機関に郵送します。


私の場合上記の条件に合致したので、晴れて2011年は通年でResident Alienとなれました。
一度そうなると、次年以降は楽になります。私はTurboTaxを利用していますが、2012年のTaxは指示通りに情報を入力し、オンラインで申請。数週間で2月中にFederalもStateもRefundが振り込まれました。今後は株などの投資を始めるとまたやり方が異なってくるようですが、今のところはそれもないので、しばらくはTurboTaxで楽をするつもりです。