Monday, July 26, 2010

San Francisco Marathon

San Francisco Marathonに参加してきました。
私はProgressive Marathonで7時45分出発ですが、友人たちがHalfで5時50分出発なので、3時起床4時集合でSFに向かいました。目覚ましをセットしていたのですが、アラームは鳴らず。よく起きれたものです。
現地に到着すると、かなりの寒さ。Stanfordとはずいぶん違います。防寒着必須です。時間がたっても曇り空で、日が出てきません。現地にはやる気のマラソンランナーが大集結。この寒さの中ランニングに短パンといった具合です。アドレナリンが出まくっている感じ。

観戦者用にイベントがあると聞いていたので、2時間現地で待つことにしてのですが、何も観るものはなし。Half Marathonのスタートを見たあとは、ただただ寒い中をうろうろするだけになりました。周囲の建物は全て閉まっていますし、みんな寒そうです。
Half Marathonのスタートは、すごい盛り上がりです。音楽がなり、司会者が盛り上げます。寒いなかでもRunner達は本当に嬉しそうで楽しそう。これから辛い道のりになるはずなのに、なぜそんなに嬉しそう?と思いながら、芯まで冷え切ったころに、僕らのスタート。

5kのコースはFerry BuildingからGolden Gate Bridge方面へ約0.5マイル。そこで折り返し、AT&Tスタジアムまで行き、また折返し、Ferry Building前で終了です。
実際に5kを走ったことはなかったので、29:18で無事完走できて一安心。メダルとTシャツをもらいました。6月にやると決めたときには、5k走ることすらできなかったので、これで良しとしましょう。

友人の話では、長距離走は体重との勝負だそうです。減量して、10k走れるように頑張ります。

ちなみに、ゴールシーンはこちら

Sunday, July 18, 2010

FE/EIT exam その後

昨日FEの結果がきました。

。。。。。合格。。。。。イェイ!!

ギリギリかなぁと思っていたので、ヨカッタよかった。
参考書と受験料が報われます。
でも、もう一回参考書はやっといたほうがいいかも。
Ethicのところや流体、熱力学など、そもそもやっていなかったり、忘れていたりしてたので、いい勉強です。英語のボキャブラリ増やすためにもやらないとね。

もし、FE受ける方。参考書おかししますので、ご連絡ください。

関連ポスト
FE/EIT exam

Tuesday, July 13, 2010

Running

友人に誘われ、Tahoeでのマラソンを目指すことになりました。みんなはフルマラソンをやるそうなのですが、私はさすがに無理。出来れば10km走りたい。ということで、最近、走ったり歩いたりしています。とりあえず、San Francisco Marathonで5km走ることにします。Progressive Marathonというのがあり、それにエントリーしました。これは、当日までに37.195km走っておき、当日残りの5kmを走るというもの。
これなら、怠け者の私でも日常的に走らざるを得ません。

さて、できるかな?

全然関係ありませんが、この写真はなんでしょう。
これは先日UC Berkeleyに行ったときにとった写真です。クマが狛犬のように並んでいます。遠くから見たらライオンかと思ったのですが、クマでした。クマはUC Berkeleyのマスコット。でもちょっと驚きました。

Friday, July 9, 2010

Independece Day

今年の独立記念日はMountain Viewの花火を見に行きました。Stanfordで花火が上がるなら、それが一番だったのですが、今年は工事中の区域が多いため中止。去年は乾燥していて火事が多かったので中止。多分今年がStanfordの花火をみる最後の独立記念日だったのですが、仕方ありません。
Mountain Viewでは、SF オーケストラの音楽と共に花火を楽しみます。音楽も映画音楽が多く、タイタニック、インディ・ジョーンズ、2001年宇宙の旅などがありました。音楽にあわせてその当時のアメリカの映像が流れ、子供も楽しんでいました。
最後の花火は、スターウォーズの音楽にのせて始まりました。子供たちはスターウォーズの大ファン。ニクイ演出です。花火も大きな玉が多く、玉数も十分。迫力満点で大人も大満足でした。
帰りの渋滞がちょっといただけませんでしたが、それを差し引いても、価値ある花火だと思います。
ちなみに、オーケストラを会場内で聞くと、ひとり17ドル。屋外で花火だけ見ることも可能です。

そうそう、帰りの渋滞の時に、Bayの彼方に他の場所で上がっている花火を幾つか見ました。日本だと、花火大会の日は大体一箇所だけですが、こちらでは違います。なんといっても、花火はおまけ、独立記念日を祝うためのお祭りの花火です。当然、各所で上がるのです。花火を見ることが目的ではないということですね。あくまでもお祝いが主。日本のように、お花を見ることが目的の花見や、花火を見ることが目的の花火大会っていうのは、アメリカではちょっと感覚が違うのかな?

Thursday, July 8, 2010

委員会でのプレゼン

こちらに来て初めてアウェイ(UCB)でのプレゼンをしました。
聴衆は大学教授達(UCB、UCI、Stanford、その他)と企業や研究所の研究者(USGS、URS、Caltrain、PEER、その他)。10人程度。
日本語なら何てことないけど、当然英語。当日の車の中でもブツブツ言いながら練習しました。
30分の予定発表時間だったのですが、結局質疑応答を入れて1時間。色々とためになる質問も多く、今後の勉強になりました。
聴衆からも、'You did a great presentation. It is very clear.' とか、'I will use this approach for our different project.'などなど色々と前向きなお褒めの言葉を頂きました。アメリカ人の反応としては、'good'<'very good'<'great'<その他という感じで、goodより以下は殆どありません。が今回はgreatを頂いたので、素直に喜ぶことにします。
僕の英語プレゼンも少しはよくなっているみたい。かな。
議論になるとやはり聞き返すことも多くなってしまう。場数をもっと踏まないといけないと再認識。
なるべくオフィスの友人に議論をふっかけるようにしよう。明日から。

そういえば、プレゼンのことではないが、この会議でも当然のように昼食が振舞われた。サンドイッチとサラダとフルーツとクッキー。朝もコーヒーとパンが振る舞われる。アメリカで出席した学会、委員会はすべて食事付き。日本で学会とかシンポジウムとか参加しても、昼食が付いていた記憶はない。いつも友人と近所で食べていた。この違いは何なんだろう。予算の違いなのか、単に周辺に手頃に食事をするところが少ないから?そんな事はないなぁ。食事に対する意識の違いだろうか?
大きな会議でも食事付き。学生だからたいてい無料。こういうインセンティブがないと人が来ないのだろうか?それも違うなぁ。分からん。食事を一緒にとると、議論もできるし、会議の一体感も親近感もわく。息を抜く暇が無いかもしれないけど、カジュアルに聞きたいことを聞けるので食事が一緒だといい面も多い。やっぱり食事中もちゃんと仕事しなさいというための、食事付きなのかな?

new PC

日本から持ってきたPCがとうとうだめになりました。
電源を入れ、しばらくするとブルースクリーンです。何もできません。
セーフモードも無理。あー。HDDのデータが残っていることだけ気にしながら、新しいのを買うことにしました。ちょっと前にプリンタもやられたので、両方です。出費が痛い。

新PCはDELLのInspiron。何と64bitのWindows7。いつの間にか64ビットが普通になったんですねぇ。5年ぐらい前になかなか進まないなぁと思っていましたが、今は普通にdellに売っています。というかみんな64ビット。すごい。で750gbのHDDで本体のみが期間限定で$379。送料とtaxがついても450未満。や、安い。一作日届いたので、いろいろ設定しましたが、素晴らしい。早い。インターネットの速さはローカルに強く影響されるという記事をこの前読んだばかりでしたが、体感しました。
プリンタは友人より新古を購入。$20。激安で新しいPCになり、かなりご機嫌です。

問題は、webカメラのドライバと筆ぐるめ。webカメラはウェブを調べても対応したいとの情報しかありません。買うしかないのかなぁ。ちなみに古いのはELECOMのE130シリーズです。また筆ぐるめのデータベースからなんとか情報を抽出したいけどこれも難しい。Windows7用のフリートライアルとかあるといいのになぁ。

誰か知っていたら教えてください。