Wednesday, February 10, 2010

確定申告その後

確定申告。やっと書類を書き終わりました。よくわからなかったので、税務署の方にSkypeOutで細かいところまで質問して、やっと終わりました。

参考までにどのように記入するかをメモしておきます。

私の場合には、確定申告書Bと確定申告書第三表を記入しました。
海外で2年間暮らしていたため、その間の日本国内給与には所得税がかからないそうです。
なので、第一表の「収入金額」、「所得金額」は未記入でOK。「所得から差し引かれる金額」では、基礎控除を記入。

第二表の「所得の内訳」にその年の給与(追記(2/17)給与を記入し源泉徴収票を添付すると、退職金との収入を合計され、還付金が減る可能性があるそうです。所得税はかからないはずなので、不思議ですが、税務署の指導です。)と退職金、それぞれの源泉徴収額を記入。上記の通り所得税はゼロなので、給与の源泉徴収額は0。第二表は控除がないので、これでおしまい。

第三表の、「収入金額」の「退職」欄に退職金を記入。私の場合には退職金控除額が退職金より多かったため、「所得金額」の「退職」欄は0。「税金の計算」では「所得から差し引かれる金額」の欄に基礎控除の金額を入れる。その他には、「退職所得に関する事項」を記入。

ここから第一表に戻り、退職金控除よりも退職金が多い場合には、「税金の計算」の「課税される所得金額」とその下の欄に記入。最後に、「税金の計算」で「源泉徴収税額」「申告納税額」「還付される税額」を記入して全て終了です。

そうそう、名前は自署の必要があるので、注意してください。
(追記(2/17)振込口座は、納税者本人ではなく、納税管理人の口座を指定する必要があります。ご注意ください。)

あとは2月16日以降に提出するのみ。問題ないことを祈ります。

関連エントリ

No comments:

Post a Comment